So-net無料ブログ作成
検索選択

政労が4月上旬トップ会談で調整 雇用問題めぐり政策協議(産経新聞)

 平野博文官房長官と南雲弘行連合事務局長が8日午前、官邸で会談した。雇用対策をめぐる鳩山由紀夫首相と古賀伸明連合会長とのトップ会談を、4月上旬に開催する方向で調整することを確認した。

 政府が今国会提出を予定している労働者派遣法改正案に関し南雲氏は「労働政策審議会の答申に沿って早期成立してほしい」と要請。平野氏は与党内から出ている異論を踏まえ「今、内容を最終調整している」と述べるにとどめた。

 平野、南雲両氏の政策協議は昨年12月以来。

【関連記事】
トヨタ、エコカー好調で期間従業員の雇用延長
課長、係長求む! イメージアップのための課新設で 足立区
日航、まずは“高給”管理職を削減 400人の早期退職募集を開始
産業界、供給過剰で生産設備を相次いで縮小
需給ギャップ解消へ新需要創出が必要
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

自衛官の妻が殺害持ちかけ、逮捕の男供述(読売新聞)
鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」(産経新聞)
火星でもハチ飛べる! JAXAなど実験 宇宙農業、授粉役に期待(産経新聞)
池田警視総監、駐車監視員制度導入の功罪に答える(レスポンス)
普天間移設で国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。